リップルを始めとする仮想通貨も有効活用!|Moneyサービス事情

貯金箱

違いを知る

どんな違いがあるか

お金

色んなサービスの普及から、お金に関しても変化が出てきています。特にこれに当てはまるのが仮想通貨です。仮想通貨にはリップルとビットコインが注目されています。仮想通貨ということからリップルとビットコインを同じものだと考えている人が大勢いますが、リップルとビットコインは別物です。リップルは2013年、ビットコインは2009年に開始されていて、ビットコインの方が先に出てきているのです。そして、リップルはリップルネットワークにあるXRPという通貨があり、ネットワーク内でドルや円などのお金を送金や受金が出来るようになっているのです。ビットコインはリップルとは違って、ビットコイン同士でのやり取りしか出来ないようになっています。

利用方法について

リップルの利用方法になりますが、ウォレット作成をしてから交換所でリップルを購入します。リップルを購入した後に取引先の設定をし、リップルをウォレットに入金します。入金を終えた後に支払いをします。ビットコインの利用方法はリップルと同じように始めにウォレット作成をします。その後に交換所で交換をしてからビットコインを購入し、ウォレットに入金をします。最後に支払いをします。リップルとビットコインの利用方法には似ているところが幾つかありますが、現在の採掘状況はビットコインは可能、リップルは不可になっています。リップルとビットコインの仮想通貨を利用する際には、特徴と利用方法を参考にして、どちらを利用するのかを決めておくといいでしょう。